デザインポートフォリオを公開中です >>

初めてムンク展に行ってきたぞ!2018【見どころ・ポイント】

どうもどうも!アートと建築が好きなハジメん(@hajimen14319841)です!

最近晴れが続いているけど寒くなってきましたね〜。

秋ですね!そして芸術の秋です!

つっても芸術にはあんま興味ないな〜

なんて思っちゃってるそこのあなた!

安心してください!

今はなんと、あの有名なムンクの「叫び」が来日しているんです!

ムンクの「叫び」といえば絵画に詳しくない人でもなんとなく知っていますよね。

あの奇妙な色彩とタッチ。そして両頬の手をあてて叫ぶ人物。

ひと目見ただけでも印象に残りますよね。

あの有名なムンクの「叫び」は実は4枚もあった!

実はムンクの「叫び」という作品は、

生命のフリーズという連作の一部なんですよね!

これらの作品群は「生命の段階」「女性の死」「愛と絶望」「不安」「不倫」「嫉妬」「性的な恥」「生と死の分離」などをテーマとしていて、

”人間とは何か。人生とは何か。”

というような問いを投げかけられているようにも思えます。

そして「叫び」がなんで4枚もあるかというと、

簡単にいうとムンクは自分の作品が本当に大好きだったからですね。

晩年には自分の作品たちを「守護者」と呼び、部屋中に飾って過ごしたというほどです。

ムンクは自分の作品を広く世界に知ってもらいたいという強い思いがあり、

当時の最新技術である”版画”を用いて作品を作ったりしています。

こんな感じでドンドン版画の作品を作っていったんですね。

同じ作品を何度も繰り返し描いていますね。だから、今も残っている「叫び」は4枚もあるというわけです。

ブログでいうところのリライトですね!笑

ムンクという人をよし詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

↓ ↓ ↓

ムンクの作品をざっくり知りたい方はこちらがおすすめです!

Kindle版でサクッと作品を見れます

↓ ↓ ↓

コラボグッズがすごい!

今回のムンク展はコラボグッズに気合が入っていますね〜

個人的にはあのポケモンとコラボしているのが印象的でした。

カラムーチョとなんかともコラボしています

「叫び」が有名なのは、たくさんのパロディがあるから

さあ、ムンク展に行こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA