デザインポートフォリオを公開しました >>

日々の疲れにはエナジードリンクよりも瞑想はいかが?

こんにちは!hajimenです。

 

「世界のエリートがやっている最高の休息法」

を読みました。

 

by カエレバ

 

 

最近のビジネス書では「エリートがやっている~」

とか

「ハーバード式~法」

とか

「スタンフォード流~」

 

みたいなタイトルが蔓延してますよねぇ。

 

まあ、そういうタイトルが今は売れるんでしょうけど、

とりあえず権威的なものをタイトルに入れとけば良いんじゃね?

みたいな風潮はやめてほしいものです。むしろバカみたいですよね。笑

 

 

 

前置きはさておき、この本は要するに

 

 

 

 

 

人間の脳は常に働いているのだから、

マインドフルネスとか瞑想で休ませてあげないと

慢性的な疲れはとれないよ

 

 

 

 

 

ってことを言ってるんです。

 

マインドフルネスとか瞑想

 

マインドフルネスと聞いて、何それ?ってなる人はけっこういると思います。

「マインド(心)がフル(いっぱい)なの?」みたいな。

 

瞑想にいたっては

「なんか怪しい。」「宗教でしょ?」

みたいなイメージを抱いている人も多いんじゃないでしょうか。

 

しかし、

これらは全然怪しくないし、むしろ流行の最先端です。

 

「宗教の一部だよね?」って言っている人はもう時代遅れです。化石です。

 

これは有名な話ですが、Googleやapple、facebookなどの企業はマインドフルネス瞑想を会社ぐるみで取り入れています。

 

スティーブ・ジョブスが瞑想を日課にしていたことも超有名です。

 

結局何なの?

 

「じゃあ、結局マインドフルネスや瞑想って結局何なの?なにが良いの?」って思ったあなたは素晴らしいです。

 

これらをやる目的ってつまり、

 

今、この瞬間に意識をむける

 

ということなんですね。

 

 

現代人は色んなところから色んな情報が入ってくるから、脳がいつもフル回転している状況なんですよ。

 

一つの作業をやっていても頭では全然別のことが浮かんでは消え、浮かんでは消え、浮かんでは消え…。

 

みたいなことが常に起こっています。

これはぼくも言われるまでは気付かなかったし、みなさんにも心当たりがあると思います。

 

だから今を集中することで、脳を疲れにくくさせるんです。

 

 

まあ、マインドフルネスの方法はいろいろあって、人によって合う合わないがあるんですがね…。

 

ちゃんと実践するには色々な方法を自分で試していく必要があるんで、興味があったら情報収集してみてください。

 

冒頭で紹介した本は瞑想の超入門書なので、最初のとっかかりには良いんじゃないでしょうか。

あと、物語形式になっているのでめっちゃ読みやすいです。

by カエレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA