デザインポートフォリオを公開しました >>

瞑想のやり方は1日に10分呼吸に意識するだけ!

どうも!なんだかんだで瞑想を半年以上続けているhajimenです!

もう欧米では日常の疲れを癒すには瞑想が一番ということは常識になりつつありますが、日本ではまだまだ馴染みがないですよねぇ。

「ヨガは女性がやるもの」とか「瞑想ってスピリチュアル系の人がやってるアレでしょ?」

みたいな骨董品的な考えを持っている人がまだけっこういるんですよね。

自殺するほど働く日本人にこそ、もっと瞑想が一般的になってほしいものです。

ぼくは今までに瞑想に関する本とかサイトを見てよく調べていたんですが、

「一番これわかりやすいな」と思った方法を紹介したいと思います!

Google式瞑想

みんなご存じのGoogle先生が会社ぐるみで瞑想を実践していることは有名だと思います。

Googleでは瞑想の専門家を雇って、Search Inside Yourself という瞑想プログラムを実践しています。

日本でもその瞑想プログラムは受けることができるのですか、一回10万円くらいするので初心者にはハードルが高いですね。

今ではSIY(Search Inside Yourself)に関する書籍が出ているので興味がある方は

これらの本を読んでみると良いと思います。

ステップ① ただじっと座る

瞑想って実は超簡単なんですよ。

ほんとにただ座って呼吸に意識を向けるだけ!

Goole式の瞑想法の第一ステップは

まず2分間何もせずにじっと座っているだけなんです!

ほんとにこれだけなんですが、意外と難しいんですよね。これが。

最初は1分だけでも難しいと思います。ぼくもそうでした。

でも続けていれば次第に慣れてきます。

ステップ② 呼吸に意識を向ける

2分間の瞑想で集中力がもつようになったら、

今度は呼吸に集中しつつ3分の瞑想にチャレンジしてみましょう。

息が鼻を通りぬける感覚に意識を向け続けるのがポイントです。

場所や時間は問わず、仕事中でも読書中でも気が向いたときに実践してみると良いです。

ステップ③ 時間を延ばす

また慣れてきたら今度は7分間に伸ばしてみましょう。ボーっと座るだけでも良いですが、

ステップ2と同じように呼吸に集中するとさらに良いです。

この時に、必ず自分の中で色々な考えが浮かんできます。

「今日のご飯何がいいだろう?」ということから

「自分の将来、日本はこれからどうなっていくんだろう?」

ということまで。本当に色んな事が浮かんできます。

そのたびに呼吸に意識を戻してあげましょう。

最初は難しいですが根気よく続けていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

瞑想って難しいようでとっても簡単なんです!

大事なのは何も考えずボーっとすることと、

続けることです。

これさえ気を付けていれば、早ければ2~3週間、遅くても2~3ヶ月で効果が出てくると思います。

さらに、

瞑想することによって得られるメリットがめちゃくちゃ良くて神レベルなんですよね。

仕事が忙しい人ほど、瞑想は効果的です!

一日5分でも良いんです!

だまされたと思って一回ためしてみましょう~。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

日々の疲れにはエナジードリンクよりも瞑想はいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA