【初心者必見】美術館巡りを最高に楽しむポイント!

アート鑑賞

 

どうもどうも!

アートと建築が大好きなhajimenです!

 

みなさん、美術館には行ったことありますか?

「美術館?あぁ小中学校のときに社会科見学で行ったアレでしょ?」

 

なんて思う人もいるかも知れません。。

 

 

しかし、最近は美術鑑賞が熱いんです!!

 

 

実は今、いろんなジャンルでアートと結びつけようという動きが活発になってきていて、

 

チームラボのようなデジタルアート地域の芸術祭などが注目され初めています!

 

美術館で言えば、有名な漫画家さんたちの原画展なども開催されるようになってきたなぁという感覚もありますね。

最近では漫画家の荒木飛呂彦さんが描いている「ジョジョの奇妙な冒険」の展覧会(通称:JOJO展)が話題になっていましたよね。

 

というわけで今回は、

美術館と建築が好きなぼくがおすすめする美術館巡りを最高に楽しむポイントをご紹介したいと思います!

 

 

スポンサーリンク

持ち物はなるべく少なく

 

美術館は普通に回ろうと思ったら1時間はかかると思っておいた方がいいです。

 

ゆっくり回ろうと思ったら2時間くらいかかるかもしれません。

 

館内にベンチは設置されているのですが、人気の展覧会となるとまず座れないですねぇ。

 

1~2時間は立ちっぱなしになるので荷物を持ってるとけっこう疲れちゃいますね。

 

コインロッカーのないところだと荷物があずけられないので気をつけましょう!

 

ぼくは美術館巡りをするときは、

 

  • ハンカチ
  • スマホ
  • 財布
  • 鉛筆とちっちゃいノート

 

くらいしか持ち歩かないですね!

 

ハンカチは必要かもね

 

ハンカチは無くても良いのですが、

絵画を鑑賞するときはあったほうが良いですね!

 

というもの、絵画を近くでみるときは息がかからないようにハンカチで口を鼻おさえるのが

エチケットなんだそうです!

 

メモをとりたいなら鉛筆のみ!

 

アートを鑑賞している時になにかインスピレーションが湧くことがあるかもしれません。

 

でもその時はボールペンやシャーペンでメモを取ってはいけませんよ~。

 

なんでかというと、

  • 芯が折れて飛びやすい
  • 金属の先端が当たって表面を傷つける
  • インクが付着して作品が汚れてしまう

という理由があるんですね。

 

いいカメラがあったらグッド!

 

美術館は写真撮影が禁止なところもありますが、中にはフラッシュ以外の撮影なら全然オッケー

というところもあります。

 

そういうときは一眼レフなどの良いカメラを持っていったらテンション上がりますよ~。

 

デートで美術館に行くときは良い思い出になりますしね!

 

音声ガイドを使おう!

 

  • あんまり美術鑑賞に行ったことないけど興味ある
  • いきなり美術鑑賞するのはハードルが高い
  • 作品の知識が知りたい

 

という方はぜひ音声ガイドを使うことをお勧めします!

 

美術館に行くとだいたい500円くらいで音声ガイドを貸してくれます

 

こんな感じのデバイスで番号を押して解説を聞くことができます。

 

  • 有名な俳優さんや声優さんが解説してくれる
  • 作品の知識が深まる
  • 意外なエピソードが聞けることもある

 

500円が高いと思ったらぜひこのメリットを思い出してみてください!

きっと良い体験になりますよ!

 

 

まとめ

 

以上が美術館を最高に楽しむポイントでした!

 

自己紹介の時に、

「美術館巡りが趣味です」

と言いたいならこれらのポイントはおさえておいた方が良いでしょう!

 

特に音声ガイドはめっちゃ良いサービスなので使わないともったいないです!

 

 

以上!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント